痔のための座薬について知っておきましょう

痔 治療 座薬

痔の治療法にはいくつか種類があります。

生活改善や薬の使用、手術などが主な方法です。

痔の薬にはさまざまな種類がありますが、その1つが座薬です。

座薬はただ肛門に入れればいいというわけではありません。

座薬の扱いについてしっかりと知り、効果的に使いましょう。

痔の薬

痔 薬

痔を直すための薬にはいくつかの種類があります。

軟膏、注入軟膏、座薬の薬効成分はほとんど同じです。

患部への刺激が少ない油脂性基剤が排便をスムーズにしたり、患部を保護したりします。

かゆみや炎症、痛みなども抑えます。

軟膏

軟膏は直接痔に薬を塗布します。

主に肛門の外側や肛門付近にできる痔におすすめの薬です。

使う時には手を清潔にしておく必用があります。

指を使って直接塗るほか、ガーゼにつけて塗る方法もあります。

注入軟膏

小さい使い切りの容器に入っています。

肛門に挿入して肛門の内側の痔に塗布することができます。

また、容器から直接肛門付近や肛門の外側の痔にも塗布することが出来ます。

座薬

肛門の中に挿入をして使います。

肛門の内側の痔におすすめの薬です。

錠剤ですが、体温で溶けて患部に作用します。

内痔核や切れ痔に向いています。

飲み薬

服用し、身体の中から痔の改善を測ります。

痔だけでなく、痔の原因になる便秘を予防したり改善したりする作用があるものも多いです。

市販薬や医師が処方するもののほか、サプリメントや漢方薬もあります。

即効性はありませんが、痔になりにくい体質改善を図れます。

痔の座薬の正しい使い方

座薬 使い方

座薬はただ、力任せに肛門へ押し込めばいいというものではありません。

肛門と手を綺麗にしてから

座薬は入れる前に肛門と手を清潔にしましょう。

排便後には肛門を座浴などで洗うのがおすすめです。

手を水で洗って冷やしておくことで、座薬を持っているうちに手の熱で柔らかくなったり、溶けてしまったりすることを防ぐことが出来ます。

座薬のスムーズな挿入方法

座薬はリラックスして力を抜くと入れやすいです。

座薬を入れる時にはしゃがんだ状態で座薬を肛門に入れ、手の指で押さえます。

立ち上がりながら中へ押し込むとスムーズに入っていきます。

座薬はしっかりと中まで入れます

座薬はしっかりと中まで押し込むようにしましょう。

座薬は肛門に挟むものではありません。

切れ痔や肛門付近の痔の場合、あまり奥に座薬を押し込んでしまうと効果がないように感じるかもしれませんが、体内に入った座薬は体温で溶け、素早く患部へと届きます。

浅く入れてしまうと薬の成分が肛門から全部流れ出てしまうこともあります。

下着や服が汚れてしまうこともあります。

座薬挿入後は暫く安静に

座薬を入れた直後に激しい動きをすると肛門から座薬が出てしまうリスクがあります。

しばらくは安静にしていましょう。

異物感はすぐになくなります

座薬を入れた直後は肛門に異物感を感じるかもしれません。

しかし、それは異常ではありません。

座薬が体温で溶けていくと段々と異物感は薄れていきます。

排便時に油が出ることも

排便時に便と一緒に油のようなものが肛門から出てくることがあります。

これは座薬に含まれる油脂性基剤なので、全く問題はありません。

痔の座薬の注意点

座薬

痔の座薬を使用するうえでいくつか注意点があります。

副作用があることも

痔の座薬には炎症を抑えるためにステロイドが使われているものがあります。

使用が短期間ならば問題はありませんが、使用が長期間に及ぶと副作用が出てしまうことがあります。

ステロイドは免疫系に影響が出るので、感染症にかかりやすくなってしまいます。

そほのか、皮膚に色素が沈殿したり、筋力が低下してしまったりします。

10日以上続けて座薬を使用しても症状が改善しない場合は医師の診断を受けましょう。

痔とよく似た別の病気である可能性もあります。

高血圧や心臓病、糖尿病の人は注意

ステロイドは血圧上昇や耐糖能異常の作用もあるので、高血圧や心臓病などの病気がある人は痔になった場合、その旨を医師に伝えるようにしましょう。

化膿している時には使用しない

痔が化膿している場合には症状が悪化するリスクがあるので、座薬は使用できません。

内痔核に悩んでいるのならば座薬を使いこなしましょう

痔 回復

痔の治療法や薬にはいくつか種類がありますが、肛門の内側、内痔核が出来ている場合や裂肛に悩んでいる場合は座薬がおすすめです。

座薬を入れる時にはしゃがんだ状態から立ち上がるときに指で肛門の奥に押し込むとスムーズに挿入することができます。

痔の座薬は炎症や痛み、かゆみを抑えたり、患部を保護してスムーズな排便を促したりする作用があります。

しかし、副作用のリスクもあるので、あまり長期にわたって使い続けるのはおすすめできません。

使用前には説明書や注意事項を良く読み、10日以上使い続けても効果が実感できない場合は医師に相談するようにしましょう。

乙字湯比較ランキング

ライター:監修

木村妃香里写真

薬剤師

木村妃香里

全国に展開する大手ドラッグストアにて勤務する薬剤師ならではの広い視野を生かして活動中。

今月のアクセスランキングNO.1

今月のアクセスランキングNO.1

2018.10.10

切れ痔、いぼ痔でお悩みの向け乙字湯比較ランキング調査

切れ痔、いぼ痔にお悩みの方を徹底サポート!

オススメ乙字湯

おすすめ記事

  • 便秘と痔の悩みを解消

    2017/07/28

    NHKきょうの健康 便秘と痔の悩みを解消 セルフケアと治療 (生活実用シリーズ)

    お通じに関わるトラブルがすっきり! 排便トラブルは男女を問わず起こり、生活の質を著しく落とす。人知れず悩む人が多く、受診が遅れると悪化するケースもある。食事や運動、排便リズムを整えるなど、早めの対処で“すっきり健康な毎日 […]

  • 痔は自分でここまで治せる

    2017/07/28

    痔は自分でここまで治せる (ビタミン文庫)

    恥ずかしくて病院に行けない痔主のみなさん、痔を自宅で上手に治す方法を教えます!痔の自己診断法から家庭での治療法、対処法まで専門医が詳しく解説。 赤ちゃんから老人まで、多くの人が痔や肛門疾患に悩まされている。すぐに病院へい […]

  • 痔の最新治療

    2017/07/28

    痔の最新治療―可能な限り切らずに治す (よくわかる最新医学)

    痔はとても患者数の多い病気。「痔は生活習慣病である」「できるだけ切らずに治す」という立場から、最新の診断と治療の方法について分かりやすく説明します。 痔はとても患者数の多い病気です。「日本人の3人に1人が痔主だ」と言われ […]

ページ上部へ戻る

切れ痔、いぼ痔でお悩みの方に、漢方乙字湯研究所 乙字湯比較ランキング