痔に即効効くおすすめの薬7つ!ステロイドの知識もつけておこう!

痔は放置すると、どんどんひどくなってしまいます。
今回はステロイド配合のおすすめの市販薬を紹介していきます。

即効性があるので、痛みが激しいときにおすすめです。
さらにステロイドのことについても書いてみたので、ぜひ一読してみてくださいね。

痔のステロイド配合薬とは?

ステロイド配合薬とは

痔の市販薬でステロイド剤が入っているものをよく見かけますよね。
ではステロイド剤が入っているとどのような効果があるのでしょうか?

ステロイドとは?

では本題に入る前にステロイドに少し書いておきます。
ステロイドは、副腎皮質ホルモンを合成した薬となっていて、炎症に対し強い効果を実感できます。

強い効果なので、炎症・腫れ・痛みの緩和も早いです。
しかし、長期間使用を続けると皮膚が赤くなったり、逆に症状が悪化してしまうという副作用が出てしまします。

ステロイド剤の効果とは?

ステロイドには強い痛みや、ひどいはれ、出血がある痔にかなり効果があります。
実際、痔は気が付いたら進行していた!という方も多いです。

さらに痛みがひどく出血が多い、けどすぐには病院に行けない!という人もいます。

そこでステロイド剤が配合されているものを使えば、炎症に強い効果を発揮して、痛みを和らげる、止血効果を実感できます。

しかし、化膿している痔には使用厳禁です。
化膿している場合、悪化する可能性があるので絶対使用しないでくださいね。

ステロイド非配合薬との違いは?

ではステロイド剤が入っていないものは、効果がないの?と思う方もいるかもしれません。
実際にステロイド剤が入っているものよりも、炎症抑える効果は緩やかです。

ステロイド非配合のものには、グリチルリチン酸という炎症を抑える成分が配合されているものが多いです。

なので、初期のまだ腫れや痛みがひどくない方におすすめです。

ステロイド=危険と思っている方も多いですが、正しい使用方法で長期間使用しなけば、痔にも効果があります。

なので、ステロイドだから不安・・とならないようにしてくださいね。

ステロイドが入っている痔の薬は妊婦は使ってもいいの?

妊婦は使ってもいいの

妊娠中は便秘になりやすく、痔にもなりやすくなります。
特に出産時のいきみでイボ痔が発生する方はかなり多くなります。

そこで妊娠中でもステロイド剤が入っているものを使用していいかというと・・・
できればやめてください。

実は、痔の薬は肛門や腸の粘膜で薬が吸収されやすくなっています。

この吸収されたものが、体内を巡って血液を伝い赤ちゃんにいかないとは言い切れないのです。

これは臨床実験もできないので、確かなデータがないのでなんともいえない!というのが正直な答えですが、そういう面も考えると使わない方がいいでしょう。

妊娠中にステロイド剤を使用して、健康被害がでたという報告はありません!

ステロイドが入ってる痔の薬とは?

ひどくない痔なら食べ物やツボ押し、生活習慣で改善することができますが、痛みが発生している場合効果がありません。

痛みや腫れ、出血しているときはやはりステロイド剤が入っているものを使用して患部のケアをするほうがいいでしょう。

ここではステロイド剤が配合されていて、即効性の高い市販薬を紹介していきます。
ひどくなってもすぐ病院に行けない!という方は使用する価値ありですよ。

①ボラギノールA

ボラギノールA

出典:http://www.borraginol.com/

痔の薬といえばボラギノールというくらい有名な痔の治療薬になります。

ボラギノールAは、注入軟膏・座薬・塗り薬と3つのタイプがあり、特に注入軟膏なら中の痔にも外の痔にも使えるので人気があります。

・プレドニゾロン酢酸エステル:ステロイド性抗炎症成分となっていて、出血・はれ・かゆみを鎮める効果があります。
・ビタミンE酢酸エステル:痔のうっ血の改善を助ける成分で、血液の循環を浴してくれます。
・リドカイン:局所麻酔成分となっていて、患部を麻痺させて痛みやかゆみを鎮める効果があります。
・アラントイン:傷の治りを助けたり、組織を修復作用があります。

以上4つの成分が痔の痛み・腫れ・出血に効果を発揮します。

②プリザエース

プリザエース

出典:http://www.taisho.co.jp/

大正製薬から販売されている痔の薬となっていて、座薬と注入軟膏の2種類があります。
ステロイド成分であるヒドロコルチゾン酢酸エステルのほかに、止血効果に優れている塩酸テトラヒドロゾリンを配合しています。

プリザエースは出血している痔に効果を発揮し、出血して困っているという場合に使っている方が多いです。
ボラギノールA同様、注入軟膏タイプが人気があります。

③プリザS

プリザS

出典:http://www.taisho.co.jp/

大正製薬から出ている座薬タイプの薬になっています。
特に内核痔に効果を発揮して、薬剤がしっかりとどまり痔の止血や痛みを緩和してくれます。

④リシーナ

リシーナ

出典:http://jp.rohto.com/

ロートから販売されていて、メンソレータムマークが目印の商品です。
注入軟膏、座薬、塗り薬と3つのタイプがあり、やはり注入軟膏タイプが人気となっています。

  • ・アミノ安息香酸エチル
  • ・酢酸旱泥甲
  • ・リドカイン
  • ・酸化亜鉛
  • ・メントール
  • ・イソプロメチルフェノール
  • ・アラントイン
  • ・酢酸トコフェロール

といった8つの有効成分が効果的に働き、痔の腫れやただれといった炎症を抑え、つらいかゆみを鎮めてくれます。

また患部をしっかり殺菌・細菌感染の予防やうっ血の改善もしてくれます。
小さい容器なので持ち運びにも便利で、外出先で困ったときに大活躍します。

⑤オシリア

オシリア

出典:https://www.kobayashi.co.jp/

小林製薬から出ているオシリアで、塗るタイプなので外核痔、切れ痔に効果があります。
ステロイド成分がはじめ、ジフェンヒドラミン塩酸塩の抗ヒスタミン剤が配合されているので、お尻のかゆみにもしっかり効果があります。

軟膏を液滴分散型軟膏になっているので、患部への浸透性にもこだわっている痔の薬になっていますよ!

⑥Vザックエース

Vザックエース

出典:https://www.kenko.com/product/item/itm_6935048372.html

中外製薬から販売されていて、塗るタイプのお薬となっています。
ヒドロコルチゾン酢酸成分(ステロイド)が配合されているので、患部に早く浸透して効果を発揮してくれます。
出血・痛み・炎症を起こしている外核痔にぴったりのお薬です。

⑦ザッスル

ザッスル

出典:http://www.bankyo.com/

ザッスルも中外製薬から販売されている商品で、注入軟膏タイプとなっています。
内核痔・外核痔の両方に使用できます。

プレドニゾロン酢酸エステルというステロイド成分が配合されています。

以上がステロイド剤が入っているものになります。
上でも書いたようにステロイド剤が入っているものは長期使用できません!
しかし、長期服用しても安心な薬があるのは知っていますか?

それが乙字湯です。
乙字湯とは痔の炎症や痛みを緩和する漢方で、病院でも処方され長く服用することが出来ます。
市販でも気軽に購入できるので、おすすめですよ♡

こちらにランキングが書いてあるので、参考にしてくださいね。

乙字湯ランキング

さらに痔と検索するとオロナインと出てきますが、オロナインには痔を治療する効果はありません!
注意してくださいね。

妊娠中の痔は病院で処方してもらおう!

病院で処方してもらおう

では最後に、妊娠中はいろいろなことが心配になりますよね。
薬一つに関しても神経質になります。

そこで妊娠中に痔になってしまった場合は、かかりつけの産婦人科を受診して妊娠中でも使える薬をもらいましょう!
そのほうが赤ちゃんへの影響も安心ですし、心配も減りますよね。

ですがどうしても痛いときがあり、なかなか病院に行けないときもあります。
そのような時はステロイド剤が入っていないものを選びましょう!

例えば、ボラギノールなら、「ボラギノールMシリーズ」ならステロイドが非配合で、妊婦さんからもかなり人気があります。

病院に行くまでの痛みの軽減に少し役立ちますよ。
常備薬として持っててもいいですね。

まとめ

痔のおすすめの薬

いかがでしたか?
今回は痔のおすすめの薬を書いてきました。
最後はこの記事のまとめです。

  • ・痔の痛み激しいときはステロイド成分が配合されている薬がおすすめ
  • ・ステロイド剤が含まれているものは長期使用できない
  • ・妊娠中のステロイド剤の使用はしない
  • ・急な痛み以外は、乙字湯がおすすめ
  • ・妊娠中は病院で受診をして薬を処方してもらう

以上5点が今回のまとめとなります。
上記で紹介した薬は即効性がありますが、長期服用は危険です。

ですが長期服用できる乙字湯という漢方があります!
をうまく取り入れて痔と向き合ってくださいね。

乙字湯比較ランキング

ライター:監修

木村妃香里写真

薬剤師

木村妃香里

全国に展開する大手ドラッグストアにて勤務する薬剤師ならではの広い視野を生かして活動中。

今月のアクセスランキングNO.1

今月のアクセスランキングNO.1

2018.10.10

切れ痔、いぼ痔でお悩みの向け乙字湯比較ランキング調査

切れ痔、いぼ痔にお悩みの方を徹底サポート!

オススメ乙字湯

おすすめ記事

  • 便秘と痔の悩みを解消

    2017/07/28

    NHKきょうの健康 便秘と痔の悩みを解消 セルフケアと治療 (生活実用シリーズ)

    お通じに関わるトラブルがすっきり! 排便トラブルは男女を問わず起こり、生活の質を著しく落とす。人知れず悩む人が多く、受診が遅れると悪化するケースもある。食事や運動、排便リズムを整えるなど、早めの対処で“すっきり健康な毎日 […]

  • 痔は自分でここまで治せる

    2017/07/28

    痔は自分でここまで治せる (ビタミン文庫)

    恥ずかしくて病院に行けない痔主のみなさん、痔を自宅で上手に治す方法を教えます!痔の自己診断法から家庭での治療法、対処法まで専門医が詳しく解説。 赤ちゃんから老人まで、多くの人が痔や肛門疾患に悩まされている。すぐに病院へい […]

  • 痔の最新治療

    2017/07/28

    痔の最新治療―可能な限り切らずに治す (よくわかる最新医学)

    痔はとても患者数の多い病気。「痔は生活習慣病である」「できるだけ切らずに治す」という立場から、最新の診断と治療の方法について分かりやすく説明します。 痔はとても患者数の多い病気です。「日本人の3人に1人が痔主だ」と言われ […]

ページ上部へ戻る

切れ痔、いぼ痔でお悩みの方に、漢方乙字湯研究所 乙字湯比較ランキング