尖圭コンジローマの原因と治療について

疑問

尖圭コンジローマは性行為中に感染する病気です。

尖圭コンジローマは性病の一種であり感染してしまうと性器に異変が起きます。

気が付いた場合には早めに専門医を受診することをお勧めします。

実際に感染しても潜伏期間が長いので、誰から感染したかという特定は難しいという厄介な面のある病気です。

尖圭コンジローマの症状とは?

尻

男性の場合にも女性も、性器、外陰部、肛門周囲、膣内にイボができます。

イボの色には個人差がありますがピンク色から茶色っぽいものまで様々です。

放置していると少しずつ大きくなって、その数や範囲は広がっていくのも特徴的です。

痛みや違和感が最初はないので、大きくなるまでの間に自分が性感染症にかかっていることに気が付かない人がほとんどです。

やがてイボが大きくなり、鶏のトサカやカリフラワーのような形状になって慌てて受診する人が多いのも尖圭コンジローマの特徴です。

完治させるのはなかなか難しく、再発を繰り返す傾向もあります。

尖圭コンジローマの原因について

病状

尖圭コンジローマの原因となるウイルスはヒトパピローマウイルスと言われています。

尖圭コンジローマを起こすヒトパピローマウイルスには100種類以上の型があります。

女性の場合、悪性のウイルスに感染してしまうと子宮頸がんの原因にもなりますので要注意です。

尖圭コンジローマに罹患している相手と性交渉をした場合の感染率は非常に高く7割以上が発症すると言われているほどです。

自覚症状が少しでもある場合には、女性の場合には婦人科、男性の場合には泌尿器科が性病科を受診してください。

尖圭コンジローマは再発しやすい

尖圭コンジローマは再発率も高く、一度感染してしまうと治りにくいという特徴もあります。

一度完治したと思って様子見ていても、油断をすると数か月以内に再発するという厄介な性病の一種です。

尖圭コンジローマの治療について

治療

一般的に放置しても大丈夫という説もありますがおすすめできる方法ではありません。

できれば積極的な治療を施して二度と再発しないようにすることが賢明な方法です。

専門の病院では投薬治療で完治が望めない場合は外科手術を勧められる場合もあります。

手術方法としてはいくつかありますが、液体窒素凍結手術・外科的切除手術・レーザー光線蒸散手術という方法が症状によって選択されます。

つまり手術によって感染により形成されているイボを切除してしまう方法です。

尖圭コンジローマの治療薬

塗り薬を一定期間塗布する方法で治療を進める薬物療法が一般的です。

2007年に発売された日本初の尖圭コンジローマ治療薬が治療効果を上げています。

名称は「ベセルナクリーム」という治療薬です。

使い方や治療のシステムは特殊なことでも有名です。

ベセルナクリームを患部に塗るとそこには尖圭コンジローマに対する”免疫ができるのです。

この免疫効果を治療に役立てることで、治療を進めていくわけです。

つまり、ベセルナクリームを塗布することによって自分の免疫が高まります。

そしてウイルス増殖を防げることでイボを消滅させる効果があるというわけです。

尖圭コンジローマ・男女の症状の差について

男女

性器周辺にブツブツとした複数のイボができるのは男女ともに見られる症状です。

感染した部分にできものができる点は同じです。

ただ女性には特有の症状が見られます。

例えばおりものの量が増え、通常のおりものよりも色が濃くなるという変化が見られる場合があります。

尖圭コンジローマは痒みと痛みを併発する場合もあるのです。

症状の出方は、個人差がありますが、女性の症状の方が分かりにくいという場合があります。

女性器の形の形状のためにわかりにくい場合も

女性器の複雑な形状のうえに、イボができる場合にはよほど大きくなるまでの間は、気が付かない人もいます。

ただ無症状で放置した結果、尖圭コンジローマの症状が時間とともに悪化してしまい、イボがかなり大きくなる場合が多いのです。

ようやく下半身に違和感があり、病気に気が付くときもあるほどです。

男性のほうが気づきやすい

男性器は露出している部分に異変が起きるので、目視で症状に気がつきます。

そういう意味でも感染に気が付いて来院する男女比を調べると男性の受診率が高いわけです。

女性の尖圭コンジローマの症状は膣の内部や肛門部分にできる場合が多いので、自分で目視出来ず、発見が遅れる場合が多いようです。

女性の尖圭コンジローマは至急頸がんを警戒すべき

警告

尖圭コンジローマを女性が発症した場合には子宮頸がんが発症する可能性が高まることを知っておいてください。

原因となるヒトパピローマウイルスは子宮頸がんを発生させるウイルスと同じだからです。

子宮頸がんに移行してしまうのは稀なケースとは言え、万が一のために、検査を十分に受けておくほうが安全でしょう。

まとめ

尖圭コンジローマの治療は、投薬治療と外科的な治療に分かれます。

性感染症が疑われたときには勇気を出して受診をするほかりません。

再発を繰り返す病気として認識して根気よく通院をするなど治療はきちんと受けておきましょう。

乙字湯比較ランキング

ライター:監修

木村妃香里写真

薬剤師

木村妃香里

全国に展開する大手ドラッグストアにて勤務する薬剤師ならではの広い視野を生かして活動中。

今月のアクセスランキングNO.1

今月のアクセスランキングNO.1

2018.10.10

切れ痔、いぼ痔でお悩みの向け乙字湯比較ランキング調査

切れ痔、いぼ痔にお悩みの方を徹底サポート!

オススメ乙字湯

おすすめ記事

  • 便秘と痔の悩みを解消

    2017/07/28

    NHKきょうの健康 便秘と痔の悩みを解消 セルフケアと治療 (生活実用シリーズ)

    お通じに関わるトラブルがすっきり! 排便トラブルは男女を問わず起こり、生活の質を著しく落とす。人知れず悩む人が多く、受診が遅れると悪化するケースもある。食事や運動、排便リズムを整えるなど、早めの対処で“すっきり健康な毎日 […]

  • 痔は自分でここまで治せる

    2017/07/28

    痔は自分でここまで治せる (ビタミン文庫)

    恥ずかしくて病院に行けない痔主のみなさん、痔を自宅で上手に治す方法を教えます!痔の自己診断法から家庭での治療法、対処法まで専門医が詳しく解説。 赤ちゃんから老人まで、多くの人が痔や肛門疾患に悩まされている。すぐに病院へい […]

  • 痔の最新治療

    2017/07/28

    痔の最新治療―可能な限り切らずに治す (よくわかる最新医学)

    痔はとても患者数の多い病気。「痔は生活習慣病である」「できるだけ切らずに治す」という立場から、最新の診断と治療の方法について分かりやすく説明します。 痔はとても患者数の多い病気です。「日本人の3人に1人が痔主だ」と言われ […]

ページ上部へ戻る

切れ痔、いぼ痔でお悩みの方に、漢方乙字湯研究所 乙字湯比較ランキング