乙字湯は冷え性にも効果はある?生薬からみる身体への効き方を解説

乙字湯(おつじとう)は、女性にありがちな、さまざまな悩みの症状に効果的漢方薬です。

中でも冷え性は、便秘や月経痛の悪化など日常生活に支障をきたしてしまったりするほどです。

そこで今回は、この乙字湯が冷え性に対してどのように作用し効果があるのかについて詳しく解説していきます。

乙字湯の効果・効能

漢方診察

乙字湯は、体力中等度以上で、大便がかたく、便秘傾向のある人に向いている漢方薬で、主に、きれ痔、いぼ痔、便秘、軽度の脱肛に用いられます。

漢方の世界では、痔は滞ってしまった「血(けつ)」、「瘀血(おけつ)」が肛門にある状態と考えられており、「瘀血」ができる原因はさまざまですが、冷え便秘なども痔の原因となります。

この乙字湯は、江戸時代に日本人医師が作った処方で、漢方の理論をもとにして有効な生薬を配合し作られたようで、現在は第2類医薬品などでさまざまな種類の商品を購入することができます。

乙字湯には、「血(けつ)」の流れ(血行)を良くして傷の治りを早め、うっ血をとるとともに腫れを抑える効果、便の通りを良くして、排便時の痛みや圧迫をやわらげる効果(便通)、筋肉の緊張を高めて、中の痔が出てこないようにする効果があります。

そんな痔に効果的な乙字湯ですが、痔の原因となる冷えや便秘を解消する生薬が配合されているので、その有効成分により「冷え性の改善」や予防にも効果が期待できるのです。

冷え性に作用する乙字湯の生薬

漢方生薬配合

乙字湯は、6種類の生薬バランスよく配合され作られています。

  • 当帰(トウキ)
  • 柴胡(サイコ)
  • 黄芩(オウゴン)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 升麻(ショウマ)
  • 大黄(ダイオウ)

この中でも、最も冷え性に効果的な生薬が「当帰(トウキ)」と「柴胡(サイコ)」です。

この2つの生薬の効果と、他の4つの生薬の効果を見てみましょう。

当帰(トウキ)

当帰(トウキ)は、冷え性に悩む女性にオススメな生薬です。

セリ科トウキ属植物の根を乾燥したもので、高さが60~90cmほどあるのが特徴です。

夏から秋にかけて白い小花をつけて、セロリに似た香りがあります。

生薬には、当帰を乾燥させた「根」の部分を使います。

冷え性で手・足・腰が冷える方、生理不順にも効果的な生薬です。

柴胡(サイコ)

柴胡(サイコ)冷え性に効果的な生薬です。

セリ科ミシマサイコ属ミシマサイコの根などを乾燥したもので、おもな成分はサイコサポニンです。

冷え性への効果以外にも、解熱、鎮痛、消炎作用があり、胸脇苦満、黄疸、胸腹部の痛みなどに効果があります。

黄芩(オウゴン)

黄芩(オウゴン)は、シソ科コガネバナの根の周皮を除き、乾燥したものです。

高さ30~60cmの多年草で、根元部分が若干木質化しているのが特徴です。

主に、抗菌作用、解熱、利尿、抗アレルギー、解毒作用、肝機能の活性化などに効果がある生薬です。

甘草(カンゾウ)

甘草(カンゾウ)は、マメ科カンゾウ属植物の根や根茎を乾燥したものです。

高さが60cm以上にもなることがある多年草で、6~7月頃に花をつけ、7~8月頃に実を熟します。

鎮痛、鎮痙(ちんけい)、解毒、鎮咳(ちんがい)などに効果のある生薬です。

升麻(ショウマ)

升麻(ショウマ)は、キンポウゲ科のサラシナショウマの根茎です。

寒、熱、風(外邪)によるさまざまなできものや、のどの痛み、口内炎、痘瘡など皮膚の化膿性疾患に効果のある生薬です。

大黄(ダイオウ)

大黄(ダイオウ)は、タデ科のダイオウ属植物の根および根茎を乾燥したものです。

根茎と根は太く、大きく肉質 で、断面は黄色なのが特徴的です。

緩下(かんげ)、消炎、健胃および駆瘀血(くおけつ)作用などがあり、腹痛、月経不順、高血圧症、便秘などに効果のある生薬です。

乙字湯は冷え性にも効果がある

寝そべる女性

このように配合されている生薬が、痔を改善させるだけでなく、女性の悩みの一つである“冷え性”にも効果的なのです。

さまざまな悩みを改善させることができるのも漢方薬の良い点だと言えます。

また、漢方は副作用が少ないことでも知られているので、用法・用量を間違えずに正しい方法で服用すれば、身体の内側から整え、健康的に、いろんな諸症状を改善させてくれます。

漢方薬は、飲まれる方の年齢、体質、体重、症状により含有量が変わる場合があります。

医師や薬剤師と相談して正しく飲むことが大切です。

必要以上に摂り過ぎると下痢などを伴う副作用が起こる可能性がありますので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、乙字湯が冷え性に対してどのように作用し効果があるのかについて紹介してきました。

乙字湯は、配合されている生薬の「当帰(トウキ)」と「柴胡(サイコ)」による効能で冷え性を改善し、その他含まれる成分(生薬)がバランスよく配合されているので効果的にカラダに効くのです。

現在、女性の悩みでもある便秘や冷え性にお困りであれば、乙字湯おすすめできる漢方薬と言えます。

乙字湯比較ランキング

ライター:監修

木村妃香里写真

薬剤師

木村妃香里

全国に展開する大手ドラッグストアにて勤務する薬剤師ならではの広い視野を生かして活動中。

今月のアクセスランキングNO.1

今月のアクセスランキングNO.1

2018.10.10

切れ痔、いぼ痔でお悩みの向け乙字湯比較ランキング調査

切れ痔、いぼ痔にお悩みの方を徹底サポート!

オススメ乙字湯

おすすめ記事

ページ上部へ戻る

切れ痔、いぼ痔でお悩みの方に、漢方乙字湯研究所 乙字湯比較ランキング