血便の理由は脱肛?それとも違う病気?

痔はとてもメジャーな病気で、誰にでもなる可能性があります。

排便時に出血に気がついても、だたの痔だから放っておこう、市販薬で対処しようと判断してしまう人は少なくありません。

あるいは肛門から直腸が脱出してしまっても脱肛だろうと判断してしまいがちです。

たしかにその可能性もありますが、実はもっと別の病気、すぐに治療が必要な病気である可能性もあります。

だたの痔だと自己判断せずに、早めに正確な診察を受けることをおすすめします。

痔による血便や脱出は多い

血便

痔が悪化すると血便や脱肛につながります。

脱肛は内痔核が脱出するもの

痔にはいろいろな種類がありますが、肛門よりも奥にできるいぼ痔の痔核を内痔核と言います。

これが大きくなり、肛門から脱出してしまうことを脱肛と呼びます。

最初は排便時だけですが、悪化してしまうと常時脱出した状態になってしまいます。

痛みや出血を伴うことが多く、排便にも支障をきたすので手術で治療をする必要が出てきます。

痔は出血を伴うことが多い

痔の中でも切れ痔といぼ痔は出血を伴うことが多いです。

とくに排便時に痔核や傷ついたり、肛門が裂けたりして出血をします。

痔による出血は鮮血である場合が多く、血便のように見えることもあります。

出血の量はさまざまで、トイレットペーパーに軽く就く程度のこともありますが、便器中が真っ赤になることもあります。

痔による出血で貧血状態が酷いのならば早急な治療が必要です。

切れ痔や外痔核ができる肛門周辺には痛覚があるので出血痔に痛みを感じますが、内痔核の場合には出血をしていても痛みを感じないことも多いです。

痔以外の病気である可能性も

血便 医者

血便や脱肛は痔の特徴的な症状ではありますが、よく似た症状の別の病気も多くあります。

大腸がん

最も痔と間違えられてしまいやすい病気は大腸がんです。

大腸がんによる血便は赤黒い、痔による出血は鮮血と言われていますが、一概には言えません。

内視鏡検査をしなければ判断することはできません。

便秘と下痢が続いたり、繰り返していたりする場合は要注意です。

直腸脱

脱肛は痔核が脱出しますが、直腸脱は健康な直腸が肛門だから脱出します。

高齢者や女性に多い病気です。

また、脱肛を繰り返している人がなる場合もあります。

痔ではないので、痔の治療をしてもなかなか改善しません。

悪化してしまうと生活に支障をきたし、手術が必要になります。

スキンタグ

スキンタグは良性の皮膚のしこりや突起、たるみです。

切れ痔やいぼ痔などが治った後や肛門周辺の手術跡にできやすいです。

できる場所によって脱肛のように見えることもあります。

しかし、スキンタグは健康に悪影響を与えないので放置しておいてかまいません。

見た目が気になったり、擦れて痛みを感じたり、便をふき取るのに邪魔になったりする場合は切除手術をする場合があります。

クローン病

クローン病は消化器系が炎症を起こしてしまう原因不明の病気です。

炎症を起こした部分から出血が起こり、それが血便になることがあります。

腹痛や発熱、下痢などが主な症状です。

肛門近くが炎症を起こすと痔とよく似た症状になりやすいです。

また、下痢を繰り返すことで、肛門が腫れてしまったり、細菌感染を起こしてしまったりすることもあります。

若い人に多い病気です。

根治治療は今のところありませんが、早めに治療を開始することで、病気の進行を抑えることができます。

潰瘍性大腸炎

名前の通り、大腸に潰瘍ができ、そこから出血が生じます。

排便時だけでなく、排尿時にも出血をすることがあります。

出血はゼリー状だったり粘度があったりすることが多いです。

大腸ポリープ、肛門ポリープ

大腸ポリープは名前の通り大腸にできるポリープ、肛門ポリープは肛門にできるポリープです。

つまり良性の腫瘍です。

大腸ポリープの場合はほとんどの場合自覚症状はありませんが稀に出血したり肛門から脱出したり、残便感を感じたりします。

大腸ポリープは大きくなりすぎると大腸がんの原因になる可能性があるので、切除が必要なこともあります。

症状が軽ければ内視鏡で簡単に行うことが出来、日帰りもかのうです。

肛門ポリープの場合はいぼ状のものが肛門から脱出します。

肛門ポリープは切れ痔もともなっていることがあります。

大きくなってしまった場合は切除手術が必要になります。

その他、消化器系の病気

血便は口から肛門までのどこかの間で出血が生じていることを意味します。

大腸や肛門からの出血とは限りません。

胃や小腸からの出血である可能性もあります。

痛みや不調を感じないまま進行する病気も多いので放置せず、早期発見、早期治療を心がけましょう。

正確な診断は病院で

血便 診察

痔なのか、それ以外の病気なのかは病院で診断してもらわない限り分かりません。

検便だけでは不十分

健康診断時に受ける検便だけでは本当に血便が出ていないかどうかは分かりません。

毎年、検便で引っかかっていないからといって安心することはできません。

今回も痔とは限らない

過去に血便や脱肛があり、もしかしたら重篤な病気かもしれないと病院を受診したものの、痔だと診断を受けた経験がある人はその後、少しの血便や脱肛があってもどうせまた今回も痔だろうと放置してしまいがちです。

しかし、今回もそうだとは限りません。

痔の主な原因となる便秘は痔以外にも様々な病気を招きやすいです。

40歳過ぎたら定期的に検診を

大腸がんは40歳を過ぎると多くなる病気です。

40歳を過ぎたら異常を感じなくても2年から3年に1度は内視鏡検査を受けるのがおすすめです。

大腸がんの進行は比較的ゆっくりで早期発見ならば治る病気です。

しかし、進行してしまうと予後はよくありません。

消化器内科の方が良いことも

血便や脱肛の場合は肛門科を受診しがちです。

しかし、肛門科では診断がはっきりしなかったり、症状が改善しなかったりした場合は消化器内科での診察をおすすめします。

血便は肛門付近のトラブルが原因とは限りません。

肛門科は少し恥ずかしいという人も消化器内科の方がハードルが低いのでおすすめです。

痔であっても軽視はダメ

血便 注意

痔は大腸がんなどと違って直接命にかかわるような病気ではありません。

しかし、だからといって軽視してはいけません。

受診して痔だと診断を受けたのならば安心せずに適切な治療を受けましょう。

悪化すれば手術が必要

痔は軽度ならば薬や生活の見直しで症状は改善しますが、悪化してしまえば手術が必要になります。

症状が重ければお金も時間もかかってしまいますし、痛みも強くなってしまいがちです。

仕事を何日も休まなければならないことになるかもしれません。

別の病気を招いてしまうことも

便秘や脱肛を繰り返すことでポリープや直腸脱、大腸がんなど、別の病気にもかかりやすくなってしまう可能性があります。

脱肛が切れ痔やあな痔を招くことも

脱肛してしまうことで肛門が狭くなり、排便時に肛門への負荷が大きくなって、切れ痔まで招いてしまう可能性もあります。

また、肛門周辺が炎症を起こすことで細菌感染を起こしやすくなり、あな痔になることもあります。

複数の痔を患っていると治療は困難になりやすいです。

貧血になることも

痔による出血が多いと貧血になってしまいます。

特に女性は注意が必要です。

貧血は身体の不調や免疫力の低下を招き、さまざまな病気にかかりやすくなってしまいます。

血便や脱肛があったら病院へ

血便や脱肛の原因は痔であることが多いです。

痔、そのものはとても身近な病気で直接命にかかわるものではありません。

特に痔の経験者は軽視してしまいがちです。

しかし、痔によく似た症状の病気はたくさんあります。

とくに大腸がんは恐ろしい病気です。

まとめ

安易な自己判断をせずに、病院を受診して医師による診察を受けるようにしましょう。

40歳を過ぎたら定期的な内視鏡検査がおすすめです。

また、痔も決して放置していい病気ではありません。

生活の質を下げたり他の病気を招いたりしてしまいます。しっかりと治療を行うようにしましょう。

どんな病気であっても予防、そして早期発見早期治療にまさるものはありません。

乙字湯比較ランキング
   

ライター:監修。

木村妃香里写真

薬剤師

木村妃香里

全国に展開する大手ドラッグストアにて勤務する薬剤師ならではの広い視野を生かして活動中。

今月のアクセスランキングNO.1

今月のアクセスランキングNO.1

2018.10.10

切れ痔、いぼ痔でお悩みの向け乙字湯比較ランキング調査

切れ痔、いぼ痔にお悩みの方を徹底サポート!

オススメ乙字湯

おすすめ記事

  • 便秘と痔の悩みを解消

    2017/07/28

    NHKきょうの健康 便秘と痔の悩みを解消 セルフケアと治療 (生活実用シリーズ)

    お通じに関わるトラブルがすっきり! 排便トラブルは男女を問わず起こり、生活の質を著しく落とす。人知れず悩む人が多く、受診が遅れると悪化するケースもある。食事や運動、排便リズムを整えるなど、早めの対処で“すっきり健康な毎日 […]

  • 痔は自分でここまで治せる

    2017/07/28

    痔は自分でここまで治せる (ビタミン文庫)

    恥ずかしくて病院に行けない痔主のみなさん、痔を自宅で上手に治す方法を教えます!痔の自己診断法から家庭での治療法、対処法まで専門医が詳しく解説。 赤ちゃんから老人まで、多くの人が痔や肛門疾患に悩まされている。すぐに病院へい […]

  • 痔の最新治療

    2017/07/28

    痔の最新治療―可能な限り切らずに治す (よくわかる最新医学)

    痔はとても患者数の多い病気。「痔は生活習慣病である」「できるだけ切らずに治す」という立場から、最新の診断と治療の方法について分かりやすく説明します。 痔はとても患者数の多い病気です。「日本人の3人に1人が痔主だ」と言われ […]

ページ上部へ戻る

切れ痔、いぼ痔でお悩みの方に、漢方乙字湯研究所 痔の薬比較ランキング