手術が必要な痔の症状とは?

痔の治療法にはさまざまなものがあります。

その中でも一番大がかりなものは手術です。

手術した後は痛みがしばらく続きますし、入院やしばらく仕事を休むことも必要になってきます。

痔の手術が必要になるのはどのような場合なのか、他の治療法にはどのようなものがあるのかについて紹介をします。

痔の治療法には手術の他にもいろいろある

痔 治療

痔の治療法にはさまざまなものがあります。

併用して行うことでより効果が望めることが多いです。

便の状態を改善する

痔は便秘や便が固い場合に肛門に負担がかかったり切れたりすることが原因になりやすい病気です。

便秘になりにくい食生活を心がけましょう。

食物繊維や乳酸菌や水分を積極的に摂取し、アルコールや刺激物などを控えましょう。

また、腹筋運動をすることで、大腸を刺激し、蠕動運動を促します。

生活習慣を見直す

座りっぱなしや立ちっぱなしは肛門に負担をかけます。

同じ姿勢を続けないようにし、適度な運動を習慣付けましょう。

座る時間が長い人はドーナツクッションを使うのもおすすめです。

また、患部を清潔にすることも大切です。

薬を使う

痔のための軟膏や座薬、注入軟膏があります。

主に、患部を保護し、スムーズな排便を促す作用があります。

軽度の痔ならば市販品の薬での治療も可能です。

ただし、痔だと思っていたら大腸癌などの他の病気である可能性もあります。

市販薬で症状が改善しない場合には必ず病院へ行き、検査と治療を受けましょう。

注射をして脱落させる

痔に注射をし、痔を硬化、縮小させることによって自然と脱落をさせます。

手術と併用をすることもあります。

患者の身体に負担が少なく、注目されている新しい治療法です。

ただし、高度な技術が必要なので、できる病院は限られています。

痔核注射療法という名称です。

手術をする

手術をして痔を取り除きます。

手術後は身体に負担がありますが、根本的に痔を治療することが出来ます。

痔の症状で手術が必要な場合

痔 手術

痔の治療で手術が必要な場合について紹介をします。

他の治療法では効果がない

生活習慣を見直したり、薬を使用していても痔の症状が改善しなかったり、悪化したりした場合は手術が必要です。

出血や痛みが酷い場合

痔による出血や痛みが酷い場合は手術となります。

痔による出血が酷いと貧血になってしまう場合もあります。

内痔核の症状がⅢ度以上進行している場合

内痔核は肛門より奥の大腸側にできるいぼ痔のことです。

内痔核の症状は4段階に分類されています。

Ⅰ度は排便時に切れて軽い出血があります。痛みはほとんどありません。

Ⅱ度は排便時に内痔核が排便時に肛門から脱出してしまいますが、排便が終わると大腸の中に自然と戻っていきます。

Ⅱ度まで進行してしまうと痛みが出てきます。また、残便感が残ってしまいます。

Ⅲ度になると排便時が終わった後も内痔核が自然に戻らず、指で押し込めないといけません。

また、重い物を持ったり、力を込めたりしたのがきっかけで内痔核が脱出してしまうこともあります。

Ⅳ度になると常時、肛門から内痔核が脱出している状態になってしまいます。

指で押し込んでも戻すことができません。

脱出してしまった痔核が肛門括約筋で圧迫されてしまい、激しい痛みを感じることもあります。

Ⅱ度までならば生活習慣を見直したり、薬を使ったりする治療法で改善することが多いですが、Ⅲ度以上になると手術が必要となってきます。

外痔核の痛みが激しい場合

外痔核は肛門よりも外側にできるいぼ痔です。

この部分は神経が通っているため、とても激しい痛みを伴います。

とくに、外痔核が肛門括約筋で圧迫を受けるとかなり痛みます。

生活習慣を見直したり、軟膏を塗っても痛みが激しい場合や出血が止まらなかったりする場合は手術が必要になります。

痔ろう

肛門周辺で細菌感染を起こしてしまい、膿を外に出すためのろう菅という道筋が出来てしまうのが痔ろうです。

症状が軽度ならば薬で改善することもありますが、再発をすることも多いので、手術による根治治療がおすすめです。

痔における手術の方法

痔 手術 種類

痔の手術方法はいくつかありますが、メジャーなものは2種類です。

結紮切除法

内痔核の手術でよくおこなわれる方法です。

痔核へ流れ込む血管を糸で縛って血流を阻害し、痔核を切除します。

患部の状態に合わせて縫合をします。

肛門の外側は縫合しないことも多いです。

手術中は麻酔を使うので痛みはなく、手術時間も15分程度です。

しかし、麻酔が切れてから数日間は痛みがあることがあります。

しばらく排便時に痛みと出血が伴い、数日間の入院も必要になります。

痔核注射療法と手術痔核注射療法

痔核注射療法と手術痔核注射療法で痔を縮小させたあと、手術で取り除きます。

患者への身体の負担が少なく、場合によっては日帰りも可能です。

ただし、しばらく通院が必要です。

開放術、くりぬき法、シートン法

痔ろうの場合の手術方法です。

再発しにくく、肛門括約筋の機能を保てるように最適な方法が選択されます。

その他

超音波やレーザーなどで痔核を切除します。

患者の身体への負担が少なかったり、手術の後が目立ちにくかったりしますが、設備の整った病院が技術を持った医師は多くありません。

まずは病院に行きましょう

痔 病院

手術が必要かどうかは自分では分かりません。

目安はあくまで目安

痔の手術が必要かどうかの目安の1つは、内痔核から指で痔を押し戻す必要があるかどうかです。

しかし、診断を下すのは医者です。

手術が嫌ならなおさら病院へ

痔の治療法にはさまざまなものがあり、病院に行ったら即切られるとは限りません。

手術に頼らない治療法を推奨している医師も多いです。

しかし、痔の症状が悪化してしまえば手術は免れません。

手術を回避したいと思っているのならば、なおさら早めに受診をしましょう。

最近の手術は負担が少ない

一昔前は痔の手術はとても痛く、長期間の入院が必要なこともありました。

しかし、最近の手術は患者の負担が少ないです。

怖がり過ぎることはありません。

痔の手術についてのまとめ

痔にはさまざまな治療法があります。

症状が軽いのならば生活習慣を見直したり、市販の薬を使用したりしても改善することがあります。

しかし、症状が重い場合は医師による診断や検査が必要です。

最近は手術をせずに、患者の負担を少なくして行う治療が多いですが、それでも症状が重い場合には手術が必要になってきます。

手術後は痛みや出血があることもありますが、それを乗り越えれば快適な日常が待っています。

乙字湯比較ランキング
   

ライター:監修。

木村妃香里写真

薬剤師

木村妃香里

全国に展開する大手ドラッグストアにて勤務する薬剤師ならではの広い視野を生かして活動中。

今月のアクセスランキングNO.1

今月のアクセスランキングNO.1

2018.10.10

切れ痔、いぼ痔でお悩みの向け乙字湯比較ランキング調査

切れ痔、いぼ痔にお悩みの方を徹底サポート!

オススメ乙字湯

おすすめ記事

  • 便秘と痔の悩みを解消

    2017/07/28

    NHKきょうの健康 便秘と痔の悩みを解消 セルフケアと治療 (生活実用シリーズ)

    お通じに関わるトラブルがすっきり! 排便トラブルは男女を問わず起こり、生活の質を著しく落とす。人知れず悩む人が多く、受診が遅れると悪化するケースもある。食事や運動、排便リズムを整えるなど、早めの対処で“すっきり健康な毎日 […]

  • 痔は自分でここまで治せる

    2017/07/28

    痔は自分でここまで治せる (ビタミン文庫)

    恥ずかしくて病院に行けない痔主のみなさん、痔を自宅で上手に治す方法を教えます!痔の自己診断法から家庭での治療法、対処法まで専門医が詳しく解説。 赤ちゃんから老人まで、多くの人が痔や肛門疾患に悩まされている。すぐに病院へい […]

  • 痔の最新治療

    2017/07/28

    痔の最新治療―可能な限り切らずに治す (よくわかる最新医学)

    痔はとても患者数の多い病気。「痔は生活習慣病である」「できるだけ切らずに治す」という立場から、最新の診断と治療の方法について分かりやすく説明します。 痔はとても患者数の多い病気です。「日本人の3人に1人が痔主だ」と言われ […]

ページ上部へ戻る

切れ痔、いぼ痔でお悩みの方に、漢方乙字湯研究所 痔の薬比較ランキング