痔は遺伝による可能性もある?その種類もご紹介

痔が遺伝するとひそかに話題になっているのは知っていますか?
今回はこの痔の遺伝の可能性に迫っていきます。

さらに痔の種類や治療法も効果していくのでぜひ参考にしてくださいね。

痔が遺伝する

痔が遺伝

出典:https://otonasalone.jp/

痔は遺伝するよ・・と聞いたことありますか?
私は初めてききましたが。

実は私の友人が、お父さんが痔で、兄も痔で自分も痔だから遺伝するのかなと言っていました。
ここから痔が遺伝するかどうかについて書いていきますが、結論を書くなら

「遺伝かどうかは不明」

ということです。
痔は遺伝子での研究結果がされていないので、遺伝するかどうかはわかっていません。

ここからもう少し痔と遺伝について見ていきますね。

痔の種類や原因は治療法もおさらい

種類や原因

では痔が遺伝するかどうかという、本題に入る前に痔のことについて少しおさらいしてみましょう。
痔の種類や原因、治療法を書いていきます。

①切れ痔

切れ痔は痔の中でも比較的頻回に起こる痔になります。
男性だけでなく女性の方も多くの方が経験していて、肛門の皮膚が切れたり避けてしまう痔のことを言います。

ちなみに、切れ痔は状態によって細かく分かれます。

  • ・初期裂肛、急性裂肛できたばかりの切れ痔のことを言います。
  • ・慢性裂肛傷が慢性化傷が便によって感染症をおこして、傷が深くなって潰瘍化した状態の切れ痔を表します。
  • ・肛門狭窄症傷の炎症が筋肉まで到達し、肛門が狭くなる症状があること。

裂肛が頻回になると、肛門の上皮がのびが悪くなってしまい簡単に避けるようになっている状態のことを指します。

以上が切れ痔の種類になります。
特に肛門狭窄症の場合、鉛筆程の便しか通らないので、簡単にさけ排便の度に痛みを感じます。

原因

便秘が原因のことが多く、固い便を無理に出そうとすることで、切れてしまいます。

また下痢が勢いよく出ることで切れてしまうことも。
特に、便秘傾向にある方に多い痔となっています。

治療

初期の裂肛の場合は、排便をコントロールしたり、座薬といった外用薬で治療することが出来ます。
しかし進行してしまっている痔の場合手術を行うこともあります。

②いぼ痔

肛門の周辺にイボのようなに腫れができてしまう痔になっています。
イボ痔には

  • ・外痔核
  • ・内痔核

と2種類のパターンがあります。

外痔核は、イボが肛門の外にできてしまい、手で直接触ることが出来ます。
便をするときに痛みを感じたり、出血することもあります。

内痔核の場合、肛門の中にイボができている状態で、痛みはありませんが、出血が見られます。内痔核の場合、痛みが弱いことも多いですが、出血が見られるため慌ててしまう方もいます。

原因

イボ痔の原因は、血行の流れが悪くなることで起こると言われています。
具体的には

  • ・便秘
  • ・同じ姿勢でいる
  • ・辛い物の食べすぎ

これらがあげられます。

便秘の場合、無理に排便しようとすることで、粘膜を傷つけそこが炎症を起こしてイボ痔になってしまいます。

また辛い物を食べすぎてイボ痔になる方もいますが、実は香辛料は便と一緒に排出されます。
しかし、この便が肛門を通る時に、粘膜を刺激して炎症を起こすことがあります。
これがイボ痔の始まりです。

治療

イボ痔は自宅でもある程度改善することが出来ます。
特に血流が悪いことが原因なので、お風呂に入ったり、カイロを下着の上から貼るのもいいでしょう。

さらにトイレットペーパーだと、イボに刺激を与えてしまうのでウォシュレットも効果的です。
病院では薬を処方してもらえたり、イボの状態によっては手術もあります。

③痔ろう痔廔

痔ろうは痔の中でももっともなりたくないと私の父が言っていましたが・・笑
痔ろうは細菌感染によって、膿をもち肛門の周りが化膿する痔になります。

膿がたまっているので、手で触るとしこりを感じます。
また肛門全体に痛みを感じ熱をもって歩けなくなることもあります。

人によっては高熱を出すことも。
出血はあまり見られませんが、便をすると膿がでることがあります。

原因

痔等の原因は疲労やストレスで、肛門の免疫力が低下することで起こります。
また下痢気味や、排便時にいきむという人に起きやすいです。
男性に多く見られます。

治療

痔ろうは市販薬や生活で気を付けていても治りません。
病院行き治療を受ける必要があります。

病院にいくと膿を抜く手術をして、きれいに消毒してくれます。

ここでしっかり膿を抜かないと痔ろうは再発してしまうので、つぶれて膿がでたとしても放置せず、病院へ行ってくださいね。
完治させることがとても大切です。

以上が痔の種類と原因、治療法になります。
特に女性でいえば出産が原因で初めて痔になったという方も多いです。

痔が遺伝する可能性は高い

遺伝する可能性は高い

上で痔は遺伝するかどうかは、遺伝子の研究が進んでいないためわからないと書きました。

ですが、痔は生活習慣病の一種なので、本来なら遺伝性はないといえるのですが実は痔はちょっと違います。

ではどうして遺伝する可能性があるかというと

  • ・痔になりやすいこ肛門の作り
  • ・体質

この二つの可能性が考えられるからです。

両親が痔の場合、その子供も痔になりやすい肛門を引き継いだり、内臓の性質も似ているため痔になりやすい傾向にあることがわかりました。

また両親と同じ生活習慣になるため、食事や普段の生活習慣から痔になりやすい環境になっている可能性もありますよね。
ある病院で調査したところ、先祖代々痔の手術をしている家系だったという患者もいました。

遺伝性の痔の場合、若い年齢でなる可能性が高いです。
小・中学生で発症する方もいます。

もし両親が痔で、自分もその可能性があるかもと悩んでる方は、ぜい病院へ相談してみてくださいね。

こうみると遺伝する可能性は少なからずありそうですね。
これからの研究で結果がはっきりしてくると思いますよ。

まとめ

痔の遺伝性

いかがでしたか?
今回は痔の遺伝性について見てきました。

最後はこの記事のまとめを書いておきます。

  • ・痔は遺伝するかどうかはわかっていない
  • ・痔には3種類あり、治療法もことなる
  • ・痔は痔になりやすい体質を受け継ぐこともあるので、遺伝の可能性も十分に考えられる

以上3つが今回のまとめとなります。
痔は遺伝するかどうかはわかっていませんが、遺伝の可能性も十分にあるということがわかりました。

普段から排便を下し、お尻をケアすることが大切です。
ぜひ痔なんて他人事と思わず、少し気にしてみてくださいね。

乙字湯比較ランキング

ライター:監修

木村妃香里写真

薬剤師

木村妃香里

全国に展開する大手ドラッグストアにて勤務する薬剤師ならではの広い視野を生かして活動中。

今月のアクセスランキングNO.1

今月のアクセスランキングNO.1

2018.10.10

切れ痔、いぼ痔でお悩みの向け乙字湯比較ランキング調査

切れ痔、いぼ痔にお悩みの方を徹底サポート!

オススメ乙字湯

おすすめ記事

  • 便秘と痔の悩みを解消

    2017/07/28

    NHKきょうの健康 便秘と痔の悩みを解消 セルフケアと治療 (生活実用シリーズ)

    お通じに関わるトラブルがすっきり! 排便トラブルは男女を問わず起こり、生活の質を著しく落とす。人知れず悩む人が多く、受診が遅れると悪化するケースもある。食事や運動、排便リズムを整えるなど、早めの対処で“すっきり健康な毎日 […]

  • 痔は自分でここまで治せる

    2017/07/28

    痔は自分でここまで治せる (ビタミン文庫)

    恥ずかしくて病院に行けない痔主のみなさん、痔を自宅で上手に治す方法を教えます!痔の自己診断法から家庭での治療法、対処法まで専門医が詳しく解説。 赤ちゃんから老人まで、多くの人が痔や肛門疾患に悩まされている。すぐに病院へい […]

  • 痔の最新治療

    2017/07/28

    痔の最新治療―可能な限り切らずに治す (よくわかる最新医学)

    痔はとても患者数の多い病気。「痔は生活習慣病である」「できるだけ切らずに治す」という立場から、最新の診断と治療の方法について分かりやすく説明します。 痔はとても患者数の多い病気です。「日本人の3人に1人が痔主だ」と言われ […]

ページ上部へ戻る

切れ痔、いぼ痔でお悩みの方に、漢方乙字湯研究所 乙字湯比較ランキング