肛門付近にできる奇病、毛巣瘻とは?

お尻 血 病気

毛巣瘻という病気は「もうそうろう」と読みます。

ジープ病や、毛巣洞、毛髪洞と呼ばれることもあります。

肛門から尾てい骨付近の皮膚の中に毛の塊ができ、そこが細菌感染をして痛みや膿や熱が出るという奇病です。

皮膚の中に毛の塊ができるというのはなかなか想像しにくい現象ですが、痔ろうと間違えやすいので知っておくようにしましょう。

毛巣瘻という病気について

診察

毛巣瘻の症状やしくみについて紹介をします。

毛巣瘻の症状について

肛門上部から尾てい骨のあたりにかけて発生することが多い病気です。

皮膚の中に毛の塊ができ、それが細菌感染を起こして膿がたまって熱と痛みを伴います。

初期症状は皮膚の下に毛の塊ができて違和感や異物感が生まれます。

そして、細菌感染を起こすと円形状のしこりとなり、膿が出てきます。

症状が進行すると椅子に座るだけでも激痛が走り、仰向けに寝ることが出来ない程の腫れてしまいます。

痔ろうに間違えられやすい

毛巣瘻が肛門付近にできた場合、痔ろうと勘違いしてしまうこともあります。

実際に毛巣瘻と痔ろうを両方患っている場合もあります。

誤診が少なくない

毛巣瘻はあまりメジャーな病気ではないので、痔ろうをはじめ誤診されることが少なくありません。

安静にしていると症状が治まることが多いので、ただの炎症や化膿だと判断され、対処療法のみで放置されてしまうこともあります。

しかし、症状が進むと動けなくなってしまうこともあります。

毛巣瘻の原因について

毛巣瘻の原因については詳しく分かっていませんが、この病気になりやすい人はいます。

毛深い男性

この毛巣瘻という病気は圧倒的に毛深く、肥満体型の男性がかかることが多いです。

女性でこの病気になる人はかなり稀です。

腰に震動などの刺激が多い

毛巣瘻の別名がジープ病なのは、白人男性でジープ乗りに多い病気だからです。

ジープのような震動を腰あたりに長時間受けていると毛巣瘻にかかりやすいと言われています。

抜け落ちた体毛が震動によって皮膚の下に入り込み、感染症を起こすのではないかという説があります。

稀に先天性の場合もあります

新生児が毛巣瘻にかかることもあります。この場合は先天性であることが疑われます。

胎児のときに皮膚と神経管の分離になんらかのトラブルがあってうまく形成できなかったのが原因とされています。

毛巣瘻の治療法について

診察 病気

毛巣瘻は原因がはっきりとしておらず、根本的な予防はできません。しかし、治療法はあります。

感染しなければ問題なし

皮膚の下に毛の塊が出来たとしても、細菌感染を起こさなければ痛みはありません。

応急処置について

毛巣瘻が細菌感染を起こしてしまった場合、応急処置として、皮膚を切開し、膿を出します。

症状が酷くない場合は抗生物質を投与します。

これらの治療法で痛みや腫れ、発熱などは収まります。

しかし、これは応急処置や対処療法でしかありません。

免疫力や下がってしまったり、疲れや体調が悪くなったりすると再び細菌感染を起こしてしまいます。

再発を繰り返すようならば根治治療を検討しましょう。

根治治療は手術のみ

毛巣瘻を根治治療する方法は手術しかありません。

腰椎麻酔を行い、毛巣瘻を切除します。

切除した後は解放して置く場合と縫合しておく場合があります。

再発の可能性は5パーセントほどです。

手術のタイミングなどについては医師と相談をしましょう

毛巣瘻の手術は腫れや膿が出ている間は行うことが出来ません。

まず、切開によって膿を出したり、抗生物質を投与したりして、症状を抑えてから行う必要があります。

また、手術には数日の入院も必要になります。

完全に傷口がふさがり、治癒するためには1ヵ月から2ヶ月程度かかり、その間は激しい運動をしたり、重い物を持ったりすることはできません。

この点を踏まえて、毛巣瘻の手術を手術するかどうかについては医師と相談をしましょう。

滅多に症状が出ず、症状が出ても抗生物質を投与して安静にしていることで収まるのならば、様子見を提案されることもあります。

その場合は、症状が出たら早めに病院へ行き、細菌感染が悪化しないうちに抗生物質の投与を受けるようにすることが大切です。

痔ろうだと思ったら肛門付近にできた毛巣瘻という場合も

薬

毛巣瘻は背中から尾てい骨付近の皮膚の下に毛と膿の塊ができる奇妙な病気です。

毛深くて肥満体型の男性に多く、女性がなるのは稀です。先天性の場合もあります。

あまり知られておらず、肛門付近にできた場合、痔ろうと症状が似ているため、間違えやすいので注意が必要です。

安静にしていると症状は治まりますが、繰り返すようならば肛門科や泌尿器科ではなく、皮膚科を受診しましょう。

毛巣瘻は膿を出したり、抗生物質でを投与したりすることで、症状を抑えることができますが、再発を繰り返しやすいです。

再発に悩まされているのならば、手術で毛巣瘻を取り除く根治治療がおすすめです。

乙字湯比較ランキング

ライター:監修

木村妃香里写真

薬剤師

木村妃香里

全国に展開する大手ドラッグストアにて勤務する薬剤師ならではの広い視野を生かして活動中。

今月のアクセスランキングNO.1

今月のアクセスランキングNO.1

2017.1.10

切れ痔、いぼ痔でお悩みの向け乙字湯比較ランキング調査

切れ痔、いぼ痔にお悩みの方を徹底サポート!

オススメ乙字湯

おすすめ記事

ページ上部へ戻る

切れ痔、いぼ痔でお悩みの方に、漢方乙字湯研究所 乙字湯比較ランキング