疲労がたまると痔になりやすい理由とは?

痔 疲労

痔の原因にはさまざまなものがありますが、直接的に、あるいは間接的に疲労が関係していることが少なくありません。

肉体的、あるいは精神的な疲労は身体の調子を狂わせ、健康な時にならばそれほど問題のないようなことが原因で痔を招いてしまいます。

少し疲れているだけだ、などと思って軽視せず、疲労をできるだけためず、上手に解消をしていくことを心がけましょう。

疲労と痔の関係

疲労 痔

疲労は直接的、あるいは間接的に痔の原因になることがあります。

精神的な疲労やストレス

精神的に疲労したり、ストレスを溜めたりすると免疫力が低下してしまいます。

免疫力が低下すると細菌に感染しやすくなり、肛門にも炎症が起こしてしまいます。

もともと切れ痔やいぼ痔がある場合には痔ろうを招いてしまいかねません。

肉体的な疲労

体に疲労がたまると筋肉の中に疲労物質が蓄積してしまいます。

これが痔を誘発してしまうことがあります。

さらに、肉体的な疲労が大きいと免疫力も低下し、肛門で細菌感染を起こすと炎症してしまいます。

暴飲暴食

肉体的な疲れや精神的な疲れがたまると、人はそれを解消しようとして暴飲暴食に走ることがあります。

しかし、過度なアルコールの摂取は血管を拡張して肛門の炎症をおこしやすくしてしまいます。

刺激物も取りすぎると、便として肛門を通る時に肛門に刺激を与えてしまいます。

便秘・下痢

便秘や下痢の原因にはさまざまなものがありますが、その一つが精神的な疲労やストレスなどです。

そして、厳秘や下痢は排便時に肛門に負荷がかかり切れ痔やいぼ痔になりやすくなります。

また、免疫力も低下しているので細菌感染もおこりやすくなります。

体の冷え

疲労がたまると自律神経も乱れがちになります。身体も血流がわるくなり、冷えやすくなります。

冷えは便秘や痔の原因になりやすいです

できるところから改善を

痔 改善

現代の日本で全く疲労をためないことはとても難しいです。

しかし、できるところから改善していくことで痔や疲労に悩まされにい生活に近づくことはできるはずです。

痔が辛い時はとくに安静に

日頃から疲労を溜めないことが大切ですが、痔が痛むときや手術をした時は特に安静を心がけましょう。

ここで無理をしてしまうと痛みが長引いたり、再発しやすくなったりしてしまいます。

便秘になりにくい食生活

切れ痔やいぼ痔の主な原因は便秘です。

食物繊維や乳酸菌など便通を良くする食品を積極的に摂取し、便秘を予防しましょう。

また、クエン酸やアミノ酸、ミネラル類を摂取することで、疲労も蓄積しにくくなります。

サプリメントや漢方薬を賢く利用

毎日、毎食、バランスの取れた食事を続けることはとても大変です。

足りない栄養素はサプリメントや漢方薬で補うのもおすすめです。

便通を良くするもの、血のめぐりをよくするもの、疲労回復を促すものなど、用途に合わせて選ぶようにしましょう。

身体を温める

身体を温めることで、血流が改善したり、疲労から回復したり、便秘の予防になったりします。

とくにお腹周りは冷やさないようにしましょう。ぬるめのお風呂にゆっくりと入る習慣はとてもおすすめです。

疲労回復効果があるといわれる入浴剤も多くあります。

ただし、痔ろうや肛門から痔核が出ている場合にはあたためると症状が悪化してしまうので注意が必要です。

痔は早期治療を

痔になってしまった場合は放置せずに、初期症状のうちに治療を開始しましょう。

悪化してしまうと治療が困難になります

初期症状ならば薬と生活改善で治すことができても、悪化してしまえば手術が必要になってしまうこともあります。

肛門は清潔にする

疲労がたまっていると免疫力が落ちて細菌感染を起こしやすくなるので、肛門付近は清潔を心がけましょう。

排便のあとはトイレットペーパーだけでは便が残ってしまうことがあります。

座浴で優しく洗い、そしてよく乾かしましょう。

ただし、徹底的に洗おうと、ゴシゴシと擦ったり拭いたりするとかえって肛門周辺の皮膚が傷つき、細菌感染のリスクが上がってしまうので注意しましょう。

うっ血させないようにする

座りっぱなしや立ちっぱなしは肛門に周辺の血流が悪くなり、うっ血しやすくなります。

これが炎症を起こし、痔になることがあります。

1時間ごと少し経ち歩く習慣をつけましょう。

軽い運動は血流もよくなり、疲労物質がたまりにくくなります。

疲労をコントロールして痔を予防しましょう

痔 治療

肉体的な疲労や精神的な疲労は免疫力を低下させたり、便秘や下痢を招いたりして痔になりやすくなります。

痔になりやすい人の中には疲労がたまっている人も多いです。

疲労は痔だけでなく、様々な病気を招いてしまいます。

まったく疲労を溜めない生活というのは難しいですが、無理をし過ぎず、できるところから生活習慣を改善していきましょう。

サプリメントや漢方薬などで補ったり、不調が出たら早期に治療を開始したりするなど、上手にコントロールをしていくようにしましょう

乙字湯比較ランキング

ライター:監修

木村妃香里写真

薬剤師

木村妃香里

全国に展開する大手ドラッグストアにて勤務する薬剤師ならではの広い視野を生かして活動中。

今月のアクセスランキングNO.1

今月のアクセスランキングNO.1

2018.10.10

切れ痔、いぼ痔でお悩みの向け乙字湯比較ランキング調査

切れ痔、いぼ痔にお悩みの方を徹底サポート!

オススメ乙字湯

おすすめ記事

  • 便秘と痔の悩みを解消

    2017/07/28

    NHKきょうの健康 便秘と痔の悩みを解消 セルフケアと治療 (生活実用シリーズ)

    お通じに関わるトラブルがすっきり! 排便トラブルは男女を問わず起こり、生活の質を著しく落とす。人知れず悩む人が多く、受診が遅れると悪化するケースもある。食事や運動、排便リズムを整えるなど、早めの対処で“すっきり健康な毎日 […]

  • 痔は自分でここまで治せる

    2017/07/28

    痔は自分でここまで治せる (ビタミン文庫)

    恥ずかしくて病院に行けない痔主のみなさん、痔を自宅で上手に治す方法を教えます!痔の自己診断法から家庭での治療法、対処法まで専門医が詳しく解説。 赤ちゃんから老人まで、多くの人が痔や肛門疾患に悩まされている。すぐに病院へい […]

  • 痔の最新治療

    2017/07/28

    痔の最新治療―可能な限り切らずに治す (よくわかる最新医学)

    痔はとても患者数の多い病気。「痔は生活習慣病である」「できるだけ切らずに治す」という立場から、最新の診断と治療の方法について分かりやすく説明します。 痔はとても患者数の多い病気です。「日本人の3人に1人が痔主だ」と言われ […]

ページ上部へ戻る

切れ痔、いぼ痔でお悩みの方に、漢方乙字湯研究所 乙字湯比較ランキング