便秘を解消するための方法はずばり!これがおススメ

つらい便秘で困っている人は非常に多いですよね。

どうすれば解消できるのか?

このページで解説します。

食生活が招く便秘

食品

日々の食事と便秘には大いに関連性があります。

脂身の多いに肉類ばかりを好む人は悪玉菌が増える傾向があり腸がスムーズに働かない場合が多いのです。

食生活に偏りのある人は便秘にも悩みがちです。

そして慢性的な野菜不足も便秘を招きます。

そもそも食物繊維を多く含んだ食材を食べることで便通が整います。

発酵食品がおススメなわけ

食物繊維豊かな食材と一緒にぬか漬けなどの発酵食品を意識的に食べることで腸内の善玉菌が増えていくのです。

日々の食事の中に発酵食品を取り入れることで、便秘にもかなりの効果が期待できるのです。

普段の油分についてもサラダ油よりも努めてオリーブオイルを代用することで、便秘改善にもなります。

ちょっとした工夫次第で食生活の中で便秘対策ができるのです。

自分で便秘のタイプを知ること

食物繊維

食生活の工夫も便のタイプによって少しずつ変えていきましょう。

例えば、便意はあるのに出にくい、便が固いという人は、海藻類や、りんごなどの水溶性食物繊維を積極的に摂取してください。

また便が柔らかく下痢気味の場合には芋類やキノコ類などの不溶性食物繊維を積極的に摂取することをお勧めします。

便秘に効果的な食物繊維ですが「現代の日本人は食物繊維が不足しがち」といわれています。

肉食の欧米文化の影響を色濃く受けた現代日本人の食生活では、意識しないと食物繊維をきちんと摂取すること難しいでしょう。

慢性便秘と急性便秘について

便秘

1か月以上、常習的に便秘を起こすタイプのものと環境が変わることで腸が敏感に感じとり便秘を起こすタイプとがあります。

あまり長期に便がでないという状態は内臓疾患を起こしている可能性も高いので早い段階で受診をして医師に指示を仰ぐようにしてください。

自力ではなかなか克服できないタイプの便秘も存在するのです。

便秘と生活環境について

眠い

強いストレスや睡眠不足は便秘を引き起こします。

不規則な生活や食生活も腸内環境を悪化させる要因となります。

以下のようなことに気をつけて生活しましょう。

十分な睡眠をとるようにして、趣味を楽しむなどストレスを常に溜め込まないようにすることが重要です。

薬よりもサプリメントを利用する

サプリメント

便秘対策として薬を飲んで対処するよりも、サプリメントで食物繊維を多く採れるよう努力しましょう。食事で補えない食物繊維も、サプリメントを常備しておくといつでも便秘対策が可能です。

体操を取り入れて便秘改善を


便秘対策としては腹筋を鍛えることが好ましいのですが、いきなりハードな運動は続かないものです。

簡単な運動を覚えて寝る前の数分間だけでも続けてみるのが一番良いでしょう。

運動不足にストレスが重なることで、便秘は常習化します。

そうならないように、常日頃の生活には気を配っておきましょう。

便秘に良い運動

就寝前や朝起きたときに仰向けの状態で足を伸ばします。

両手を頭の後ろで組んで自分のへその辺りを見ながら上半身をゆっくり起こしてまた戻します。

この簡単な運動を5回程度繰り返してみてください。

体起こすときに適度に腹筋に力が入ります。起き上がるときに口から息を吐いて体を下げるときに鼻から息を吸い込みます。

腹筋を適度に鍛える効果

日々のちょっとした腹筋運動をすることで腹筋が鍛えられます。

これによって排便の時に強くいきむことができます。

腹筋運動のおかげで血流がよくなり、胃腸の働きも活発になる効果もあります。

胃腸が活発に働くことで排便もスムーズになるのです。

便秘薬について

薬

便秘薬は排便を促すためのものですが、自分の体に合うものを使うことが重要になります。

便秘薬にも種類があります。

薬の効果で腸の動きを活性化させることで排便を促すタイプの便秘薬と便と腸に適度な水分を与えることで排便を促す便秘薬があります。

あくまでも便秘のタイプによって適切に選ばれることが大前提です。

便秘薬の副作用について

腸に刺激を与えることで腸の働きを活発にするものは、効果が高い分副作用もあります。

腸内の動きを活性化させる便秘薬です。

長期間の服用には向いていません。

常習性ができてしますと薬の効き目も弱くなり薬を使わないと大腸の働きが低下してしまいます。

「センナ」等の薬がこちらにあたります。

機能性下剤の場合には腸管内の浸透圧を調節することで、腸内に適度な水分を含ませて便を排出しやすくする機能があります。

長期間の服用も可能な便秘薬の種類です。CMなどでよく見かける「酸化マグネシウム」類が有名です。

まとめ

食生活

根本的に便秘を改善させるためには正しい食生活と適度な運動が最適です。

そしてどうしても辛い場合には自分の便秘のタイプ別に薬を選んで対処するようにしましょう。

乙字湯比較ランキング
   

ライター:監修。

木村妃香里写真

薬剤師

木村妃香里

全国に展開する大手ドラッグストアにて勤務する薬剤師ならではの広い視野を生かして活動中。

今月のアクセスランキングNO.1

今月のアクセスランキングNO.1

2018.10.10

切れ痔、いぼ痔でお悩みの向け乙字湯比較ランキング調査

切れ痔、いぼ痔にお悩みの方を徹底サポート!

オススメ乙字湯

おすすめ記事

  • 便秘と痔の悩みを解消

    2017/07/28

    NHKきょうの健康 便秘と痔の悩みを解消 セルフケアと治療 (生活実用シリーズ)

    お通じに関わるトラブルがすっきり! 排便トラブルは男女を問わず起こり、生活の質を著しく落とす。人知れず悩む人が多く、受診が遅れると悪化するケースもある。食事や運動、排便リズムを整えるなど、早めの対処で“すっきり健康な毎日 […]

  • 痔は自分でここまで治せる

    2017/07/28

    痔は自分でここまで治せる (ビタミン文庫)

    恥ずかしくて病院に行けない痔主のみなさん、痔を自宅で上手に治す方法を教えます!痔の自己診断法から家庭での治療法、対処法まで専門医が詳しく解説。 赤ちゃんから老人まで、多くの人が痔や肛門疾患に悩まされている。すぐに病院へい […]

  • 痔の最新治療

    2017/07/28

    痔の最新治療―可能な限り切らずに治す (よくわかる最新医学)

    痔はとても患者数の多い病気。「痔は生活習慣病である」「できるだけ切らずに治す」という立場から、最新の診断と治療の方法について分かりやすく説明します。 痔はとても患者数の多い病気です。「日本人の3人に1人が痔主だ」と言われ […]

ページ上部へ戻る

切れ痔、いぼ痔でお悩みの方に、漢方乙字湯研究所 痔の薬比較ランキング