痔の治療薬【乙字湯】はどんな効能があるのか?注意点も見てみよう

痔の治療薬と検索するとでてくるのが「乙字湯」です。
乙字湯は江戸時代から使われている漢方になっています。
そこで今回は乙字湯と痔について詳しくみていきます。
ぜひ気になっていた方は参考にしてくださいね♡

乙字湯が痔に効果あり

乙字湯

乙字湯は、日本で出来た漢方薬で、痔に効果があります。
江戸時代に原南陽という方が、自分に作ったもので甲、乙、丁と文字をつけていきました。
乙字湯は2番目に処方された薬となっています。

乙字湯は生薬が6つ含まれていて、甘草かんぞう、柴胡さいこ、升麻しょうま、大黄だいおう、黄芩おうごんが含まれています。

この6つの生薬が、痔の痛みや炎症を緩和してくれますよ!

乙字湯はどんな痔に効果を発揮する

どんな痔に効果を発揮する

乙字湯は

  • ・初期の切れ痔
  • ・イボ時

に効果を発揮します。

当帰体の血流を浴し、痔核の改善を促進する。
柴胡・黄芩・升麻抗菌作用と解毒作用で、炎症を改善する。
甘草沈痛、消炎作用で痛みを緩和する。

このような効果があります。
また、大黄には便を柔らかくし便通を促進する効果があるので、便秘によって肛門が切れてしまう場合にとても効果があります。

まとめると、乙字湯は体の血行を改善し、痔の痛みや腫れを緩和して、便を柔らかくして肛門の負担を減らすという効果があります。

乙字湯の服用方法は

服用方法

では、乙字湯はどのように飲むのでしょうか?

どの乙字湯も成人は

  • ・1日7.5gを23回にわけて服用する
  • ・食前または食間に服用

と決められています。

食前とは、食事の20分30分前のこと言います。
食べ物や胃酸の影響を受けないので、薬の効果を十分に発揮することが出来ます。
胃の調子を整える薬も食前にのむことが多いです。

食間とは、食事の最中と勘違いしてしまう方もいますが、食事と食事の間を指します。
食べ終わってから2時間後が食間となります。
空腹の状態で飲むと吸収がいい薬、胃の粘膜を保護する薬は食間にのむことが多いです。

さらに飲むときはぬるま湯がおすすめです。
熱いお湯は薬の成分が飛んでしまい、冷たい水は胃に負担がかかるのでおすすめできません。
ぜひぬるま湯で飲んでみてくださいね。

注意乙字湯を服用するときの注意点は

注意乙字湯を服用するときの注意点

では最後は乙字湯を飲むときの注意店を5つ書いておきます。
大切なのでぜひ目を通してくださいね。

①副作用を確認しておく

乙字湯は副作用が報告されているので、その副作用をしっかり確認をしておくことが大切です。
特に多いのが、胃の不調や痛み、下痢になっています。
これは便を柔らかくする大黄が配合されているためだと言われています。

また重大な副作用は甘草から報告されています。

  • ・低カリウム血症
  • ・血圧の上昇
  • ・偽アルドステロン症浮腫み

このような副作用があげられています。
特に低カルシウム血症からおこる、ミオパチーが起こったという方もいます。

また、肝機能数値の異常、黄疸、かゆみ、発熱により肺音に以上が起きる間質性肺炎というのも報告されています。

このような場合すぐに服用を中止し、医療機関で適切な処置を受けてくださいね。
肝機能が心配な方は一度しっかり病院で検査し、服用していいか医師の指示に従ってくださいね。

②薬を飲んでいる方は併用できない場合がある

乙字湯は、甘草を含んでいるので普段薬を服用している方は、必ず医師と薬剤師と相談して服用の有無を確認してください。

  • ・グリチルリチン酸を使用している
  • ・ラシックスといったループ系の利尿薬
  • ・フルイトランといったチアジド系利尿薬

これらを飲んでいる方は血圧や血清カリウムの値に影響あるので、服用する際は慎重になってくださいね。

③妊娠中・授乳中は控える

乙字湯は妊娠中・授乳中に飲むのはおすすめできません。
しかし女性にとって痔は一大事ですよね。
服用していいかどうかの判断は、必ず医師と相談してください。

実は大黄には子宮を収縮させてしまう効果があり、早産や流産を引き起こす可能性があります。
また授乳中に大黄をとると、母乳を通じて自分の子供にいきわたり、子供が下痢を起こしてしまうことも。
ぜひ医師と相談するか、妊娠中・授乳中は控えた方がいいでしょう。

④初めて飲む場合は病院で処方してもらう

初めて乙字湯を飲むときは、市販のものを購入して服用するのはやめましょう。
漢方は体重、年齢、体質によって飲む量が変わってきます。
さらに乙字湯は、体力が「中」以上の方、東洋医学でいうと「実証」に近い状態で飲むのがいいと言われています。
体力が弱い「虚証」の方は処方されないものになっています。

初めて飲むときは、医師の診察をしっかりうけ、自分の痔の状態腫れ、痛み、出血の有無等を確認してもらい、自分にあった量の乙字湯を処方してもらいましょう。
そのほうが副作用の可能性の発生も減らすことが出来ます。

まとめ

乙字湯と痔について

いかがでしたか?
今回は乙字湯と痔について書いてきました。
最後はこの記事のまとめを書いておきます。

  • ・乙字湯は江戸時代から使用されている漢方薬
  • ・血流を改善して痔の腫れや痛みを緩和してくれる
  • ・乙字湯を服用する場合は、副作用や注意点があるから確認する

以上3つが今回のまとめとなります。

女性にもうれしい乙字湯ですが、服用の際には注意する点がたくさんあります。
必ず初めて飲む場合は、しっかり病院で処方してもらいましょう。

みんなが選んだ乙字湯ランキングはこちら

乙字湯比較ランキング
   

ライター:監修。

木村妃香里写真

薬剤師

木村妃香里

全国に展開する大手ドラッグストアにて勤務する薬剤師ならではの広い視野を生かして活動中。

今月のアクセスランキングNO.1

今月のアクセスランキングNO.1

2018.10.10

切れ痔、いぼ痔でお悩みの向け乙字湯比較ランキング調査

切れ痔、いぼ痔にお悩みの方を徹底サポート!

オススメ乙字湯

おすすめ記事

  • 便秘と痔の悩みを解消

    2017/07/28

    NHKきょうの健康 便秘と痔の悩みを解消 セルフケアと治療 (生活実用シリーズ)

    お通じに関わるトラブルがすっきり! 排便トラブルは男女を問わず起こり、生活の質を著しく落とす。人知れず悩む人が多く、受診が遅れると悪化するケースもある。食事や運動、排便リズムを整えるなど、早めの対処で“すっきり健康な毎日 […]

  • 痔は自分でここまで治せる

    2017/07/28

    痔は自分でここまで治せる (ビタミン文庫)

    恥ずかしくて病院に行けない痔主のみなさん、痔を自宅で上手に治す方法を教えます!痔の自己診断法から家庭での治療法、対処法まで専門医が詳しく解説。 赤ちゃんから老人まで、多くの人が痔や肛門疾患に悩まされている。すぐに病院へい […]

  • 痔の最新治療

    2017/07/28

    痔の最新治療―可能な限り切らずに治す (よくわかる最新医学)

    痔はとても患者数の多い病気。「痔は生活習慣病である」「できるだけ切らずに治す」という立場から、最新の診断と治療の方法について分かりやすく説明します。 痔はとても患者数の多い病気です。「日本人の3人に1人が痔主だ」と言われ […]

ページ上部へ戻る

切れ痔、いぼ痔でお悩みの方に、漢方乙字湯研究所 痔の薬比較ランキング